中学生の腹筋(上体起こし)の平均回数

中学生は平均で何回ぐらい腹筋(上体起こし)が出来るか

中学生となると部活なんかで腹筋をやることも多いですよね。
平均で何回ぐらいできるか知っていますか?

 

文部科学省が行っている「体力・運動能力調査」というものの中に腹筋(上体起こし)もあります。これは30秒間で何回出来るかというもの。男女別、学年別の平均回数が下記になります。

 

中学生の腹筋(上体起こし)の平均回数(30秒)

学年男子女子
中学1年24.3921.21
中学2年28.0924.01
中学3年30.2625.22

(出所:文部科学省「体力・運動能力調査(平成27年度)」)

 

中学3年男子となると1秒で1回ペースの30.26回となっています。
男子の場合はこれを目安にすると良いかと思います。

 

腹筋(上体起こし)の正しいやり方

体力・運動能力調査で決められている腹筋(上体起こし)のやり方を次の通りです。
このやり方で30秒間で何回出来るかが上の表になります。

  • 両腕を胸の前でクロスさせる(頭の後ろに腕をおかない)
  • 補助者が両足を持つ
  • ヒザは90度に曲げる
  • 両ひじがフトモモにつくまで上体を起こす
  • 背中が床につくまで上体を戻す

 

ちなみに、年齢別に見たときのベスト回数は男子17歳(高校3年)のときの32.88回、女子14歳(中学3年)のときの25.22回です。

 

男子は17歳、女子が14歳のときがベストというのは短距離走(50m走)と同じです。運動能力は、この年齢が最も高いと言えそうです。

 

(参考記事:短距離走(50m走)の中学生平均タイム

自学力(自分で学ぶ力)をつけよう!

page top