中学生の学年別男女別の握力の平均値データ

学年別男女別の握力の平均値は

中学生の平均握力がどのぐらいかを学年別、男女別にまとめました。
元データは「文部科学省:体力・運動能力調査(平成27年)」です。

 

文科省の調査では下記の方法で握力を測定し、平均値を算出しています。

  • 左右交互に2 回ずつ測定(右⇒左⇒右⇒左の順で行う)
  • 左右とも2回のうち数値が高かったほうの記録を採用
  • 左右の記録を足して2で割る(左右の平均算出)

 

参考までの高校生の平均値も掲載しておきます。

 

中学生、高校生の握力の平均値(単位:キログラム)

学年男子女子
中学1年23.9321.57
中学2年29.6624.00
中学3年35.1225.50
高校1年37.8725.58
高校2年40.4526.60
高校3年42.4427.09

 

筋力なので男子のほうが女子よりも高くなっていますが、各学年ごとの数値だけでなく伸び率も男子のほうが高いのが特徴です。

 

中学1年のときの数値を100としたときの中学3年、高校3年の数値は男子100147177なのに対し、女子100118126となっています。

 

男子は体格だけでなく筋力も中学高校時代に成長すると言えそうです。

 

握力自己ベストは40歳前後

年齢別で握力の平均値が最大となるのは、男子35−39歳の47.16kg、女子40−44歳の29.35kg。男女ともベストが40歳前後というのは意外ですよね。

 

握力は成人してからも数値が上がるようです。

PR